title

レビスマはスマート社から発売されているレビトラジェネリックです。バリフやブリトラが枯渇している今、需要が高まっています。

レビトラジェネリックを選ぶならレビスマ

ED治療薬の中でも非常に高い人気の有る製品として、レビトラという製品があります。

レビトラはバイアグラというED治療薬にあった不満点を解消し、進化させるような形で作られたED治療薬になります。

したがって、バイアグラを使用する際に感じる難点を消し去り、非常に快適に使用できるようになっています。

そしてそんなレビトラを基にして作られたジェネリック医薬品、その中でも特にオススメの製品として「レビスマ」というED治療薬があります。

ここではレビスマがどういった特徴のあるレビトラジェネリックなのか、そして、レビトラジェネリックはどうして人気があるのか、といった事について紹介をしていきます。

EDに今現在悩んでいるという人は要チェックです。

人気・需要のあるレビトラジェネリック

ED治療薬の中でも非常に高い人気の有る製品として、レビトラという製品があります。

レビトラはバイアグラというED治療薬にあった不満点を解消し、進化させるような形で作られたED治療薬になります。

したがって、バイアグラを使用する際に感じる難点を消し去り、非常に快適に使用できるようになっています。

そしてそんなレビトラを基にして作られたジェネリック医薬品、その中でも特にオススメの製品として「レビスマ」というED治療薬があります。

ここではレビスマがどういった特徴のあるレビトラジェネリックなのか、そして、レビトラジェネリックはどうして人気があるのか、といった事について紹介をしていきます。

EDに今現在悩んでいるという人は要チェックです。

バリフが製造停止

まずレビトラジェネリックとして最も有名な製品として「バリフ」という製品があります。この製品はインドのアジャンタファーマという製薬会社が製造と販売を行っていたレビトラジェネリックです。

しかし今現在このバリフは製造が行われておらず、販売されている数も現在市場に出回っているもののみとなっています。

というのも、バリフの製造を行っているアジャンタファーマに対してレビトラの製造と販売を行う製薬会社、バイエル社が「バルデナフィルを含む医薬品の製造・販売の中止を求める裁判」を起こしたからです。

この裁判にバイエル社は勝訴し、アジャンタファーマはバルデナフィルを含む医薬品の製造が禁止となりました。

その結果、バルデナフィルを有効成分として配合したバリフの製造が禁止されてしまったのです。

他社のレビトラジェネリックも品薄

アジャンタファーマとバイエルの裁判にて、アジャンタファーマにバルデナフィルを使用した医薬品の製造禁止という判決が下った結果、バリフの需要が爆発的に高まり、世界的にバリフが品薄の状態となりました。

そしてバリフの製造が禁止となったことから、他社のレビトラジェネリックも同様に製造が禁止されるのではないか、と噂が広まった結果、他社のレビトラジェネリックの需要も急激に高まる事態が発生しました。

その結果、レビトラジェネリックとして販売されている多数の製品が日本を始め世界中で購入される事態が発生しました。

そして結果的に、レビトラジェネリックそのものが品薄となる状態が発生し、レビトラを買いたいと思っても買うことができない、一部でレビトラ難民と呼ばれるような人が多数現れるようになったのです。

国内のレビトラにも影響

レビトラジェネリックの需要が急増し、購入者数が増加した際に日本国内ではまた別の問題が起こりました。

その問題というのは「レビトラの供給不足」です。

レビトラはドイツの製薬会社、バイエルが製造と販売を行っているED治療薬です。

そしてレビトラはドイツで製造が行われているのですが、このレビトラを製造する工場が2018年1月より「改修工事」を初め、世界各国の医療機関へレビトラの供給をストップさせてしまったのです。

改修工事が行われた背景にはアメリカのFDA(米国食品医薬品局)の検査により、レビトラに他の医薬品の粉末が混入していたという調査報告が上がったなど、多くの推測が上がっていますが、詳細は判明していません。

この改修工事は本来であれば1月から工事を始め、5月か6月頃には供給が再開すると言われていました。

しかし実際には11月末に製造が再開されたため、1月からの約10ヶ月間、日本を始め世界中でレビトラの供給不足が発生していたのです。

こういったレビトラの供給不足が発生した際、海外では代用品としてジェネリックを使用するという選択が取れました。

しかし日本ではレビトラジェネリックの大半は未承認薬、したがって日本ではレビトラ以外へのED治療薬に乗り換えるという選択を取る、もしくは数少ないレビトラの備蓄がある医療機関を利用するしかありません。

そのため、日本でのレビトラ難民の数は非常に多く存在していたのです。

存在感を増すレビスマ

レビトラジェネリックはこのような理由により、世界中で需要と供給が釣り合っていない状態となっていました。

そしてそんな時に現れたレビトラジェネリックが「レビスマ」です。

レビスマは他のレビトラジェネリックと同じように有効成分にバルデナフィルを使用した製品であり、医薬品の通販サイトなどで取り扱われています。

しかし他のレビトラジェネリックと比べてレビスマを販売している通販サイトの数は少ないため、入手できるサイトという面で見ると、他の製品と比べて入手性が高いとはいえません。

しかしレビスマに関しては未だ製造や販売に関する裁判などが行われていない製品のため、購入できる通販サイトさえ見つけることができれば、確実に購入できるようになっています。

したがって、レビトラを購入することが出来ないけれども、他のED治療薬への乗り換えを行うのは嫌だ、という人はこのレビスマを購入することにより、レビトラと同等の効果が得られます。

また、このレビスマを製造する製薬会社の特徴から、レビスマというのは他のED治療薬やレビトラジェネリックよりも日本人が購入しやすい製品となっています。

したがって、これから初めてレビトラジェネリックを購入するという人、そして他のレビトラジェネリックからの乗り換えをしたいという人にも、非常にオススメできます。

レビスマを販売する製薬会社

レビスマの製造を行っているスマートメディサイエンス社はインドに本拠地を置く製薬会社です。

この会社は創業年が2013年と非常に新しい製薬会社なのですが、製品を「輸出する国の人が買いやすいようにする」という工夫をしていることから、今非常に話題になっている製薬会社です。

具体的な工夫としては、パッケージの表記を輸出先の国で使用される公用語にする、というものです。

したがって、日本人に向けて輸出されている製品というのはパッケージの表記や成分名といった使用上重要な部分が日本語になっています。

こういった工夫をしたジェネリックの製品を多く作っていることから、話題になると同時に非常に高い人気のある製薬会社として世界中で知られています。

レビスマを購入するには

スマート社の製造するレビスマを購入する方法として、個人輸入という方法があります。

この方法というのは、ネット上に存在している海外医薬品の販売を行う専門的な通販サイトを利用するという方法です。

ネット上にある海外医薬品の通販サイトでは、日本国外で製造されるジェネリック医薬品などが販売されており、このサイトを利用して購入した商品は個人輸入というシステムによって、国内へと輸入されてきます。

個人輸入の仕組みや海外医薬品の通販サイトの利用方法も非常に簡単なもので、一般的な通販サイトを利用して購入したいもの、今回であればレビスマを選び、購入手続きを行うだけです。

それだけで後はレビスマが海外から日本国内へ送られ、税関での簡単な商品のチェックを受けるだけで購入完了となります。

注意すべき点としては、海外医薬品を通販で購入する際には購入できる薬の種類、そして個数といったものに制限があるという点のみです。

購入できない薬というのも違法薬物や脳に対して作用するような抗精神病薬といった非常にわかりやすいものです。

そして購入できる個数に関しても、規定量以上の購入を行う場合は通販サイト側で自動的にキャンセルが行われるなど、特に自分が意識的に気をつける必要がある事もありません。

そのため、非常に簡単にそして手軽にレビスマなどの海外医薬品が購入可能となっているのです。

他のレビトラジェネリックよりも割安

レビスマはレビトラジェネリックの中でも購入しやすい製品となっていますが、その理由の1つに「価格の安さ」があります。

ジェネリックは基となった医薬品と比べて価格が安いという特徴があるため、レビトラジェネリックはどれもそこまで高いものではありません。

しかしレビスマというのはそんな比較的低価格で購入できるレビトラジェネリックの中でも特に販売価格が安いという特徴があります。

したがって、レビトラジェネリックを購入する際にレビスマを購入するようにすれば、他のレビトラジェネリックを購入するよりも更に安く、手軽にレビトラと同じ効果のある製品が使用できるようになるのです。

もし安く手軽にレビトラを使用したいと思っているのであれば、レビスマの使用は非常にお得だと言えるでしょう。