title

レビスマは、顔のほてりや頭痛などの副作用が起きてしまうことがあります。

レビスマにはこんな副作用がある

レビスマの使用効果は非常に強いものであり、誰もが優れたED改善効果を得ることができます。

しかし優れた効果がある分、身体に対して掛かる負担というものも大きくなりがちであり、レビスマの使用によって副作用が発生することもあります。

ここではレビスマの副作用としてどういったものが発生する恐れがあるのか、といったことを紹介していきます。

副作用として起こるものの大半は軽度な症状であり、対処方法も非常に簡単、シンプルなものになります。

しかし一部の副作用は重度の症状となるもので、そちらに関しては発症後速やかに治療を行わなければ身体に対して大きなダメージを発生させる恐れがあります。

軽度・重度問わず副作用についてしっかりと知り、適切な対応を取るようにしましょう。

頭痛

初めに紹介する軽度な副作用は頭痛です。

頭痛はED治療薬を使用した際に発生する副作用の中でも、比較的発生頻度の高い症状として知られています。

この症状はED治療薬を使用する事によって発生する血管拡張作用により起こる現象です。

ED治療薬の血管拡張作用は陰茎周辺の血管にのみ起こるのではなく、全身に発生するもののため、脳内の血管が拡張し脳が圧迫され、神経が押される事によって痛みが発生します。

この症状は血管の拡張が和らぐことによって徐々に沈静化していくため、比較的軽度な症状だと言われています。

対策としては、頭痛が発生した際に我慢ができないほどの痛みでなければそのまま性行為を続ける、我慢できない場合は性行為を中断し休憩する、というような対策が一般的です。

ほてり

次に紹介するのはほてりです。

ほてりの症状も頭痛と同じく血管の拡張によって発生する症状です。

仕組みとしては、全身の血管がバルデナフィルの作用によって拡張し、血流が改善させることによって体中が血液によって熱くほてった状態となる事によって発症します。

ほてりの症状は身体が熱くなり、のぼせたような状態となるだけです。

したがって、発症後も基本的には特別な対応をとることなく、身体を少々冷やす程度の対応で問題なく性行為を続行させることができます。

もし万が一ほてりの症状が強く現れすぎてしまい、身体に対して負担になっていると感じた際には、医師への相談などを検討してみると良いでしょう。

鼻づまり

3つ目に紹介するのは鼻詰まりです。

この鼻詰まりの症状も実はED治療薬の持つ血管拡張と深く関係がある症状です。

まず鼻の内部には粘膜と呼ばれる大量の毛細血管が集まる箇所があるのですが、ED治療薬の効果によって血管が拡張すると、この毛細血管が膨れた状態となり、鼻道の面積を狭めます。

そうすると鼻道内の空気の通り持ちが狭まった状態となり、呼吸を行っても酸素が正常に通らない、つまり鼻詰まりを起こした状態になってしまいます。

鼻詰まりの症状を改善する方法としては、基本的には血管の拡張した状態が治まるのを待つというのがもっとも良い方法となりますが、それ以外の方法としては鼻詰まり解消用のアイテムを使用するなどの方法があります。

消化不良

次に紹介するのは少々特殊な副作用で消化不良です。

この症状というのは血管の拡張作用とは少々違い、バルデナフィルの服用によって発生する「平滑筋の緩み」という現象が原因となる症状です。

平滑筋は人間が自分の意志で稼働させることができない筋組織のことですが、この筋組織というのはED治療薬の作用によって、硬直した状態から緩んだ状態となります。

この平滑筋が緩むという作用によって陰茎が勃起しやすい状態が作られるのですが、それと同時に胃や食道にある平滑筋も緩んでしまい、胃液が逆流してしまうなどの症状が現れる場合があります。

それによって、消化不良に始まり胸焼けや胃もたれ、逆流性食道炎のような症状が現れるようになるのです。

対策としては、胃液の分泌を抑制する医薬品の服用という方法があります。

めまい

最後に紹介する比較的軽度な副作用に「めまい」という症状があります。

めまいの症状というのはED治療薬の作用である血管拡張作用が起こる事によって発生する「血圧低下」という現象が原因で発生するものです。

血管が拡張すると血液が流れる範囲が増えていくことになりますが、この血液が流れやすい状態が作られると心臓が血液を送る力、血圧が低下した状態になります。

血圧が低下した状態になると、血液が正常に心臓から送られたとしても循環しにくい状態となってしまい、脳が一時的に酸素不足な状態となってしまい、めまいや立ちくらみといった症状が出る恐れがあるのです。

したがって、めまいの症状が出た際にはまずは経過を観察し、身体がおかしいと思った際には速やかに医療機関を受診し、診察を受けるようにしましょう。

使い始めのときに起こりやすい

レビスマやレビトラを服用した際に起こる副作用というのは、有効成分であるバルデナフィルが身体に対して作用した際に起こる現象です。

したがって、軽度な症状の多くはレビスマを使用した際には比較的頻繁に見られる症状となります。

しかしこれらの症状というのは長期的にレビスマを使用し続ける事によって、徐々に身体が使用時の状態に慣れ、順応していき発生しにくくなるといわれています。

そのため、軽微な症状であれば過剰に不安視することはなく、慎重に経過の観察を行いながら、症状に応じて対処法を変えるなど、柔軟な対応を取るようにしましょう。

また、軽度な症状であってもレビスマの使用効果が喪失した状態でも症状が続く場合には、身体に対して悪影響が及んでいる可能性があるため、医師による診察などを受けるようにしましょう。

重度の副作用もある

レビスマやレビトラを使用した際に発生する副作用ですが、この症状の多くは軽微な症状であり、時間の経過などで症状が軽減します。

しかしレビスマの副作用の中には非常に重度の症状も存在しており、発症後放置していると身体に対して障害が残ることもあります。

ここではレビスマの服用によって発生する重度の副作用にどういった症状があるのか、そして対処法としてどういった対処法があるのか、といったことを紹介します。

NAION(非動脈炎症性前部虚血性視神経症)

初めに紹介する重度の副作用は「NAION」と呼ばれる症状です。

NAIONは日本語で「非動脈炎症性前部虚血性視神経症」と呼ばれる症状です。

NAIONの具体的な症状としては、眼球に対して信号を送る視神経に繋がる血管に対して障害が起こり、血液が正常に供給されなくなる事によって発症する症状です。

NAIONを発症した状態になると、視力の低下や視野の欠損が見られるようになり、重症化した場合は失明といった症状が現れるようになります。

症状の現れ方はゆっくりと現れる場合と急激に症状が現れる場合があるため、レビスマを服用した後、急激に視力の低下や視野の欠損が見られた際には速やかに医療機関を受診し、処置を受けるようにしましょう。

持続勃起症(プリアピズム)

次に紹介する重度の症状は「プリアピズム」という症状です。

プリアピズムは日本語で「持続勃起症」と呼ばれる症状で、この症状は陰茎内部に血液が溜まり続ける事によって発生する症状です。

発症原因には2つのものがあり、1つは陰茎海綿体内部の血液が身体に戻らずに虚血状態になる「静脈性持続勃起症」と呼び、もう1つは陰茎海綿体内部の動脈が破れ血液が陰茎内部に流れ続ける「動脈性持続勃起症」です。

プリアピズムの特徴として、大量の血液が陰茎内部に流れ込み続けるため、何もしていなくとも勃起した状態が持続します。

静脈性持続勃起症の場合、痛みを伴う勃起が長時間発生し、対処が遅れた場合慢性的な勃起障害を引き起こすため、速やかに処置を受ける必要があります。

それに対して動脈性持続勃起症の場合、痛みを伴わない柔らかい勃起でなければ緊急性は無いと言われています。

しかしどちらの場合であっても、適切な処置を受けなければ慢性的な勃起不全を引き起こす恐れがあるため、注意するようにしましょう。